脱毛回数と毛周期について

人間の毛には周期があり、一定の間隔で抜けたり生えたりを繰り返しています。

成長期と退行期、休止期の3つの段階があり、脱毛ではこの毛周期を意識する必要があります。レーザー脱毛は成長期の毛にしか効果が出ないので、それ以外の段階の毛に照射しても再び生えて無駄に施術を受けることになります。ただし毛周期は個人差があり、部位によってもスピードが違うので、どれが成長期の毛であるかを見極めるのは難しいです。毛周期から永久脱毛を成功させると宣伝しているエステサロンは、根拠を持たないケースが多いので注意します。

一般的に毛周期を考慮すると、施術は2ヶ月おきに行うのが良いとされます。2ヶ月後に再び照射して最も高い効果を得ることは確実ではありませんが、2ヶ月以内に施術を受けても効果を得られないためです。完全にツルツルにする場合は、6回~12回の施術を受けます。デリケートゾーンなど、毛を薄くすることが目的の場合は4回~9回で満足できます。

男性は女性よりも多く施術を受けるのが一般的です。レーザーや光を利用した脱毛では、体毛が濃くて量が多い人は熱が分散するので、回数が増えます。一方、産毛のように細い毛がたくさん生えていても、黒色に反応するレーザーや光との相性が合わないので熱が集まらずに効率が悪くなります。針脱毛では太い毛にはたくさんの電流を流す必要がありますが、細い毛には短い時間でも毛根を破壊できるので施術回数が減ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *