脱毛と毛の生えるメカニズム

毛の生えるサイクルの事を毛周期と言います。

毛周期は脱毛の施術を受ける時には欠かせない存在であり、これから脱毛を考えている人は毛周期についての事を知識として持っておくことがお勧めです。毛が生えて来るまでには休止期と言う時期が最終となります。その理由は、新しい毛が生えるためには、古い毛が抜けることが必要であり、その準備として休止期と言うサイクルが最終のサイクルになるわけです。休止期と言うのは毛母細胞が分裂する前の状態であり、この時期に脱毛をしても効果を得る事は出来ませんし、休止期は毛が抜ける時期になります。

また、休止期の前のサイクルが退行期になりますが、退行期では古い毛と毛乳頭との結合が緩み、古い毛は皮膚の上側に押し上げられるため、退行期の時の毛も効果を得られません。退行期が終わると休止期となり、古い毛は抜ける事になるわけですが、この時皮膚の奥では毛母細胞の分裂が始まる前の段階になっており、新しい毛が生える準備が始まっている事になります。尚、毛母細胞の分裂が始まる事で、皮膚の奥では新しい毛が伸び始める事になります。この時期は成長初期と呼ばれているサイクルで、このサイクルの時には毛細血管から栄養を取り込み始めて、毛は太く長く伸びようとします。成長期の中期となると、表皮の上側に毛が生えて来ることになり、この時期から脱毛のタイミングが始まる事になります。尚、成長期の期間は毛の生えている部位により異なるため、脱毛する部位に応じて1~2か月に1度の割合で施術を繰り返すことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *