岡山で蛇口交換をする流れ

岡山で蛇口交換をするためにはまず、水道口に最適な蛇口を選ぶ必要があります。特にキッチンで水とお湯の両方が出せる混合栓の場合、合流させるポイントが蛇口にあるタイプと、キッチン内にあるタイプに分かれます。当然別のタイプでは蛇口交換できないので、事前にしっかり確認しておかなければなりません。また蛇口と一緒に用意しておかなければならない、水が漏れるのを防ぐシーリングテープや交換用のパッキン、工具などもあります。

そうして必要なものがひと通り揃ったら、まずは止水栓を閉めて水が出ないようにします。その後に工具を使って取り外します。基本的には付け根のねじ部分を左回転させると外れるでしょう。そしてもし岡山で長年使っていた蛇口の場合は、内側にまで汚れが蓄積している可能性が非常に高いです。

そのため新しいものに蛇口交換する前に、隅まで洗浄しましょう。洗浄が完了すれば新しいものへ蛇口交換していきますが、そこでシーリングテープを使用します。テープといっても粘着力はなく、水道と蛇口の間に挟み込むことで水漏れを防ぎます。複数の部品が使われていた場合、水漏れを防ぐのはシーリングテープとパッキンの2通りがあり、場所によって異なるので要注意です。

そういった作業が全て問題なく済めば、蛇口交換は完了です。ただシールを巻いたり実際に取り付ける作業は、慣れていないとトラブルに発展する恐れがあります。したがってもし技術力に自信がないのであれば、岡山の専門家に依頼した方が無難に済むかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です